SPECIAL CONTENTSスペシャルコンテンツ

LIKE IT! HAIR CATALOG JP THE ERCOMMENDED

気になる髪のクセも毎日のケアでポジティブに生かせる いいヘアスタイルを生み出すための上質なシャンプー

今回HEAVENSのスタイリストが「LIKE IT!」に選んだ逸品は
ルベルのイオセラム クレンジング〈シャンプー〉。
プロが惚れ込むそのワケは、実はこんなところにありました。

SPECIAL MOVIE

クセ毛を扱いやすくする、ふわふわの濃密泡シャンプーは
クセになる気持ちよさ!

お客さまの髪を洗うのが楽しみに変わるとっておきのシャンプー

 お客さまにイオセラムを使っていて一番感じるのは、洗い上がりのクシ通りがいいこと。髪にきちんと必要な水分がある感じなんです。コームがスムースに通るから、髪を傷めることもほとんどない。トリートメントならともかく「シャンプーだけでそんなに変わるの?」と思う人も多いかもしれませんが、イオセラムは「変わった!」と思うことができるシャンプーです。うねりやすくて悩んでいたお客さまにおすすめすると本当に喜んでいただけます。

私たち美容師もお客さまが使って助かるものでないと、心からおすすめはできないけれど、イオセラムのシャンプーは、自信を持っておすすめできるんですよね。一度使うとリピーターになる人が多いのは、シャンプーをかえるだけで髪の扱いが楽になることをお客さまが実感してくださっているからだと思います。泡立ちがよくて泡切れがいい。ひとりでも多くの人にこの贅沢なシャンプー体験をしていただきたいと思っています。
HEAVENS アシスタント 小林加奈

クセ毛、時間がない……ネガティブな要素がポジティブに変わるシャンプー

 もともと私自身、クセ毛で悩んでいたので、こんなシャンプーの登場を待ち望んでいました。特に雨の季節は、髪がまとまりにくくて……。今から4年くらい前だったかな? せっかく美容師というプロの立場でプロフェッショナルアイテムのことが詳しくわかるのだから、いろいろなものを試してみようと思ったんです。そんな中で出会ったのがイオセラムのシャンプー。初めて使ったときから「すごい!」と感動しました。他のシャンプーでは得られない、クセ毛のまとまりが実感できたんです。実は、あまりに気に入ったので里帰り出産のとき実家に持って帰ったほど(笑)。今は子どもが生まれて仕事にも復帰して、ゆっくり髪のケアをする時間が確保できないのでイオセラムに助けられています。

シャンプーをイオセラムにすると、髪がまとまりやすいから、夜も朝もスタイリングに時間が割けなくてもなんとかなる。髪をこまめにカットする時間がつくれなくても、シャンプーのおかげで髪が扱いやすくなるから、スタイルが決まりやすい。ヘアアレンジでごまかして、自分の毛質をあきらめていた私がこんなにもクセ毛に対してポジティブでいられるのは、イオセラムのおかげです。コンプレックスが解消されると、ヘアスタイルの幅が広がりますよ。 
HEAVENS スタイリスト 親富祖泉

「クセ毛の女性」のシャンプーに 本当に必要な機能を満たす

小松敦 女性のクセ毛人口は、全体の65%というデータもある今の時代。ヘアデザインは多様化し、昔のように直毛至上主義ではありません。僕は、プロのサロンワーカーとして、お客さまの髪質の変化にケアアイテムの進化が伴っていないことにもどかしさを感じ、イオセラムの開発にアドバイザーとして関わりました。湿気を吸いやすいのに乾きやすいという特徴があるクセ毛をどうしたら扱いやすくできるのか? たどり着いた成分のひとつが保湿力にすぐれ、なじみがいいグリーンナッツオイルでした。シャンプーは、髪という素材を整えるための一番のベースケアです。髪の水分量のバラつきを整える。そのシャンプーの本当に大切な機能をイオセラムで体感してみてください。
HEAVENS オーナースタイリスト 小松敦

見た目も使用感も”美容感”がある気分が上がるシャンプー

 気分を変えたいときにイオセラムでシャンプーすると即効性がある感じがします。リフレッシュできるんです。それに、サロンでも自宅でもこのシャンプーを使うと“自分の髪にいいシャンプーを使ってる”って思える。イオセラムは、泡がやわらかくて自分の髪を大切にしている感じ。洗面台に置いておいてもうれしくなるような、おしゃれなパッケージもお気に入りです。イオセラムのシャンプー、気分が上がりますよ♪
モデル アマンダ

イオセラム クレンジング〈シャンプー〉

クリーミーな濃密泡が
髪も地肌も汚れをすっきり。
クセの質感を内部から整え、
内部はうるおって表面はさらさら
健やかな髪へ導く
プロが惚れ込んだ逸品シャンプー
200mL ¥2,000(税抜価格)

イオセラムシリーズの詳しい情報はこちら

ルベル コスメティックス

SPECIAL CONTENTS

Page top