SPECIAL CONTENTSスペシャルコンテンツ

コラム > 千歌一歌物語 > メイヴィス・ステイプルズ Mavis Staples
音楽
30

メイヴィス・ステイプルズ Mavis Staples

2019.11.16

この投稿をInstagramで見る

Mavis Staples(@mavisstaples)がシェアした投稿 - 2019年 9月月25日午後12時35分PDT

 

最も好きな歌手の一人がメイヴィス・ステイプルズです。一度ライヴを見て、歌い出した途端に涙が突然流れた経験もありますし、別のライヴの後、あまりにも感動したので勝手にバックステージに行ってハグをさせてもらったことがあります。

そのメイヴィスは今年で80歳になりました。デビューは1950年、彼女が11歳の時です。父親と姉と兄との家族のゴスペル・グループ、ステイプル・シンガーズとして、最初は純然たるゴスペル・ミュージックを歌っていましたが、その雰囲気は非常にブルージーで、後のソウル・ミュージックを十分に想像させるものでした。ポップスと呼ばれたお父さんがマーティン・ルーサー・キング牧師と仲がよく、その関係もあって60年代の公民権運動の時代にはステイプル・シンガーズはプロテスト・ソングも歌うようになったのですが、彼らの黄金期は70年代初頭、ファンキーなバンドを従えたメッセージ性の強いソウル・ミュージックをやっていた頃です。

 

 

 

ディスコの時代になるとステイプル・シンガーズのヒットはなくなり、80年代に活動停止した後メイヴィスはずっとソロの活動を続けます。しかし、今一つパッとしない時期がありました。2000年代に入って、どちらかといえばパンク寄りのレーベル・Anti-と契約してから、再びずしっとくるアルバムを作り始めました。すでに60代になっていた彼女ですが、デビューした頃からの低くて太い歌声が衰えることはなく、安定した充実期に入りました。

ロック・バンドのウィルコのリーダー、ジェフ・トゥウィーディをプロデューサーに迎え、彼がメイヴィスのために書き下ろす曲がぴったりと彼女のスタイルに合って、2017年に出した「If All I Was Was Black」は実に名盤でした。

 

 

年と共に体型は変わったものの、ブロンドのオカッパ風の髪型がかわいくて、そのお陰でメイヴィスのイメージは若々しいと思います。

 

 

 

つい先日ノーラ・ジョーンズとの共演の曲「I’ll Be Gone」が発表されました。自分が亡くなった後のことを淡々と歌ったものですが、80歳にもなるとそういったことを少し意識するかも知れません。とても素敵な曲です。

 

 

彼女の世代のソウル・シンガーでは最高峰といっていいメイヴィスが、これほど積極的に活動しているのは何とも言えず嬉しいです。

Mavis Staples HPより
https://mavisstaples.com/

 

Share it ! LINE Facebook Twitter Mail

よく読まれている記事

SPECIAL CONTENTS

Page top