SPECIAL CONTENTSスペシャルコンテンツ

コラム > 千歌一歌物語 > ヨーラ Yola
音楽
15

ヨーラ Yola

2020.02.06

このところ若い世代のミュージシャンが1970年代辺りの音楽を再評価、あるいは再発見する動きが世界的に目立ってきています。今回紹介するヨーラもその一人です。彼女は1983年、イギリス西部のブリストルで生まれ、家庭はそうとう貧しかったようです。母親が医者か弁護士を目指して欲しいと言って、音楽の道は絶対にだめと拒否していたために彼女は十代の頃こっそりと家を出て仲間とライヴをやっていたといいます。

でも、音楽が儲からないというお母さんの考えが間違っていないことが分かり、ロンドンに移ったもののしばらくはホームレスになり、ストレスのために声も出なくなった時がありました。

最初はソングライターとして活動して、他人のレコードでバック・ヴォーカルも務めました。その後短い間マシヴ・アタックのメンバーにもなりましたが、ソロの道を選びました。
ソロになりアメリカのナシュヴィルでやったライヴのヴィデオを、ブラック・キーズのダン・アワバックがたまたま見ました。それまで長く続いた彼女の苦労が報われ、2019年にプロデューサーとして次々と話題作を手がけているアワバックのレトロなサウンドのデビュー・アルバム『ウォーク・スルー・ファイア』を発売。

70年代のソウル・ミュージックでは、特に南部のナシュヴィル、メンフィス、マスル・ショールズなどで制作されたものにカントリー・ミュージックの要素が強く感じられる作品が多かったです。その古典的なサウンドの最盛期は70年代半ばまでで、その後ディスコの時代になり、80年代以降はヒップホップが主流になったので、今はかなり懐かしい感じがします。しかし、その懐かしさはぼくの世代が感じるもので、ヨーラ自身もその後に生まれたので、どうやってこんなスタイルの曲を作るようになったか興味があります。アルバムに関してはダン・アワバックをはじめ、アメリカのソングライターと共作した曲が多く、曲自体、編曲、音作りなどの面でしっくりくるアルバムですが、何と言っても本人の歌が心に響きます。エモーショナルではありますが、感情の抑え方が逆に印象的です。

今年のグラミー賞では新人賞の他、ベスト・アメリカーナ・アルバムにもノミネイトされているし、「Faraway Look」という曲はベスト・アメリカン・ルーツ・ソングとベスト・アメリカン・ルーツ・パフォーマンスの候補にもなっています。

Share it ! LINE Facebook Twitter Mail

よく読まれている記事

SPECIAL CONTENTS

Page top