SPECIAL CONTENTSスペシャルコンテンツ

 

手間ひまをかけるから自分だけのものになる。
パーソナライズド・ヘアケアブランド
「CONSTELLA」(コンステラ)の
美しき世界




いくつかの質問に答え、自分に最適な処方を導き出す。髪質や悩みに合わせてシャンプー&トリートメントを“パーソナライズ”することが女性たちの間で人気となっている。注目度の高まりと共にブランドも増え、“オーダーメイドシャンプー”や“カスタマイズシャンプー”といったワードがあちこちから耳に入ってくるようになった。ロート製薬株式会社グループの株式会社アノマリーから誕生した「コンステラ」もパーソナライズド・ヘアケアブランドにカテゴライズされるが、ブランドを手掛ける平澤伸浩氏は、そのコンセプトも商品もほかとは“一線を画す”と語る。

 

お客さまと美容師。
1対1の関係性から生まれる、「CONSTELLA」(コンステラ)という特別な体験

 
――ヘアサロン専売のパーソナライズド・ヘアケアブランド「コンステラ」。そのコンセプトを教えてください。

“プロと巡る美しい旅”です。ブランド名の由来はConstellation=星座で、Con=共に、Stella=星を意味します。“星を道しるべに旅をするように”、ユーザーが信頼するスタイリストと共に自分に合うヘアケアを創り出す。その体験を提供するのがCONSTELLA」(コンステラ)です。

――私たち編集部も体験しましたが、まずはユーザーがアプリをダウンロード。約30の質問に答えるところから始まります。

 その問診結果を持ってユーザーがサロンを訪問。スタイリストが対面カウンセリングを行い、プロの診断を加えることでカウンセリングが完成します。そしてAIが、ユーザーの“現在の髪の状態”と“なりたい髪質”の差を分析。9600通りもの中から、シャンプー&トリートメントの最適な処方を割り出す、というわけです。


*問診は、専用アプリMy CONSTELLAで行う。問診結果をもとにカウンセリングを行うことで、より親密なコミュニケーションを取ることが可能。お客さまとの信頼関係も深まる。My CONSTELLAは髪や頭皮に対する自己診断のほか、「コンステラ」の購入や施術履歴の管理を行うこともできる。


*髪質やダメージなどはもちろん、ライフスタイルや“なりたいスタイル”まできめ細かく質問が設定され、多角的に“本当に自分が求めるヘアケア”へと導く。

 


――「コンステラ」の購入には、必ず美容師さんが介在するのですね。

それこそが、我々が目指す“共創(Co-Creation)”です。デジタル化、オンライン化が加速する世の中だからこそ、美容師さんとお客さまの1対1の関係性に価値がある。“お客さまとスタイリストが親密に紐づいている”という信頼関係はサロンとお客さま、両方にとって大きな価値だと思っています。 


――その強みを生かすことができるのが「コンステラ」。

モノ消費、コト消費ときて次は、ヒト消費です。デジタルを使いながらヒトにしか生み出すことができない価値を創造する。そうしてサロンの高付加価値化を推進し、持続可能なサロン経営を後押しする。我々はそこに使命を感じています。

 
*オーダーから数日後、自宅に「コンステラ」が届く。箱を開けるドキドキ感が止まらない。



――持続可能なサロン経営。「コンステラ」のファンになっていただくことで、継続的にサロンの利益が生まれますね。

「コンステラ」は常に工場からお客さまのご自宅にお届けするので、サロンは在庫を抱えることなく商品を販売することができ、面倒な発送作業をする必要もありません。また、このコロナ禍にあってサロンに行きたくても行けない。そんなサロンのことを応援したいお客さまは、My CONSTELLA内でそのサロンをMyサロンとして登録すれば、「コンステラ」を通して応援することにつながります。対スタイリスト向けのOVNI(オヴニ)というシステムもあり、カウンセリングソフトウエア、顧客管理ツールとして使っていただけます。

 

――それは大きなメリットですね。

 


*砂丘をイメージしたサンドベージュの化粧箱。手作業で銀の箔が押され、箱を手にした瞬間から非日常の“旅”へといざなわれる。



――製品へのこだわりを教えてください。

「コンステラ」は一人ひとりのニーズに合わせて高濃度タンパク質をブレンドするヘアケアで、2つの要素で構成されています。基剤にお客さまが選んだ香りを調合したTHE BASEと、添加剤のINFUSIONです。頭皮と髪のコンディションを整えるTHE BASEは、カウンセリング結果に応じて厳選された植物オイルを贅沢に配合。天然由来にこだわり、高い保湿力と補修成分が特徴です。


――THE BASEはどのように分類されているのでしょうか。

大きく分けると、ダメージケア、ボリュームアップ、スカルプケア、モイストの4タイプになります。

――まさに世の中の女性が求めるものですね。

 


*箱を開けると、輝く星座が目に飛び込んでくる。ひととき手を止めて、旅について、美しさについて想いを巡らせる。

 


*風呂敷包みを少しずつ開くように、箱を開け、包装紙を解く。商品を手に取るまでのプロセスも、特別な体験に。

 

――THE BASEだけでも充分なように思えます。

こだわりが詰まっていますからね。しかし、さらに高濃度のINFUSIONをブレンドしてこそ真のパーソナライズド・ヘアケア「コンステラ」が完成するんです。


――THE BASEとINFUSIONがそれぞれの容器に入っていて、お客さま自身が配合するという仕掛けに驚きました。

なんでも便利な時代に、“あえて手間ひまをかける”ということに価値があるのではないでしょうか。INFUSIONをユーザー自身が混ぜるというのもそうですが、商品の外箱=輸送箱が当たり前の時代に、化粧箱に入れてお届けしているのもそう。THE BASEとINFUSION合わせて500gの重みに耐えるには段ボールに入れるべきところ、高級感のある厚紙にこだわって化粧箱をつくりました。そして、包み方にも意味がある。箱を縦に開け、包装紙は横に開けるんですが、それは日本に古来からある風呂敷の包み方と同じ。すべてにこだわっています。

 


*INFUSIONは、例えるなら濃密な髪の美容液。一度ダメージを受けてしまった髪が自己補修することはないから、本当に必要なものを、たっぷりと使って髪をいたわりたい。



――INFUSIONは、シャンプー、トリートメントに2本ずつ付いてきますね。

INFUSIONは機能特化型の高濃度タンパク質。ケラチン、コラーゲン、シルク、キトサンといった有効成分の中からお客さまがそのときどきに必要としている組み合わせを処方することで最適解へと導き、早ければその日から髪質の変化を実感していただけます。例えば超ダメージ毛には高濃度シルクが2本付くので、その効果は抜群。一つひとつの処方差が大きいというのが自慢です。さらに長く使い続けることにより、AIが髪の状態を学習します。


――使い続けるほど、理想のヘアケアに近づくんですね。

お客さまとスタイリストが創り出す処方を、AIが高い次元で補正。デジタルを手段として、お客さまとの関係も長く、深いものへと進化します。

 


*最後の仕上げは、自分の手で。THE BASEにINFUSION2種すべてを投入し、調合する。私だけの「コンステラ」には、特別感しかない。



――レイトチェックアウト、寺院へと続く道、など香りの名前も文学的です。

旅のワンシーンを想起させるような香りとネーミングにしています。レイトチェックアウトは、五つ星ホテルのリネンのような香りです。シャンプー、トリートメントの処方は同じでも、気分によって香りだけ変えることができるので、リピートする楽しさも生まれます。


――香りによって旅へのインスピレーションが膨らみますね。

バスルームで好きな香りに包まれながら、もっと空想の旅を楽しんでもらいたい。今は“コンステラ文庫”として毎月小説や漢詩を選んでお届けしていますが、今後はアプリを通じて音源も準備する予定です。自宅のバスルームにいながら、旅にちなんだ小説の朗読を聴くことができたり……。 


*無香料を含め、香りは6種類。レイトチェックアウト、寺院へと続く道、予期せぬ出逢い、草原のプラネタリウム、気怠い午後。

 


*サロンで選ぶことのできる香りのサンプルは桐の箱に入っており、香りと共に作り手の想いが伝わる。



――「コンステラ」には、隅々までアノマリーさんの美意識が感じられます。

シンプルでインパクトの強いものが売れる時代だからこそ本質に立ち返って「コンステラ」をつくりたいと思いました。「コンステラ」は尖ったブランディングでメインストリームではありませんが、そこに生き、光を当てることが我々のロマンですね。僕自身化粧品業界に長くいたこともあり、“常に美しいもののそばにいたい”というのもあります。


――最後に、メッセージをお願いします。

コロナ禍により、サロンを取り巻く状況は一変しました。3密を避けるため席の間隔を空けなければならない、お客さまは遠方のサロンまで足を運ぶことができない、など。だからこそ高付加価値化したサロンへと足を運ぶこと=“充実したリアル”がラグジュアリーなものになるのです。「コンステラ」と共に、お客さまに特別な体験を提案してみませんか。

 



「CONSTELLA」(コンステラ)についての問い合わせ先はこちら

My CONSTELLA/OVNI(オヴニ) カスタマーサービスセンター

0120-510-656
受付時間 9:00~18:00(土日祝日休み)
info@anomaly.jp

 

 

モデル衣装協力
ワンピース¥24.000
パンツ¥16.000(ともにMANON/M・K SQUARE)
イヤリング¥1.500(GOLDY)
※価格は全て税抜き


GOLDY
0120-390-705
http://www.goldy.jp/
インスタグラムアカウント@goldy_jp

M・K SQUARE(MANON)
06-6534-1177
http://manon-japan.com/
インスタグラムアカウント@manon_official

SPECIAL CONTENTS

Page top