SPECIAL CONTENTSスペシャルコンテンツ

EDITOR'S NOTE August.2017 東京夏髪

「東京っぽい」とはいうけれど、「東京っぽい」ってなんでしょう?
そう、実際の東京は、街ごとにそれぞれのカルチャーを持っています。
今回はそんな多様なカルチャーを内包する東京の街をテーマに、今の東京スタイルをお届け!

高円寺髪の長短でバランスを楽しむロブスタイル。

シンプルなロブの内側にブロンドのボブラインを潜ませたポップなスタイル。
大胆なコントラストにもかかわらず、自然になじんで見えるバランス。

vetica 高木貴雄

原宿シンプルインパクトを狙う。

美しいマッシュウルフに、ブロンド一色を組み合わせることでシルエットがより引き立つスタイル。
奇抜さとシンプルさバランスを楽しんで。

LILI 山本真梨子

浅草セミウェットxウルフでジェンダーレスに。

中性的な雰囲気をまとったウルフは、抜群の今っぽさ。
顔にかかる不ぞろいな前髪や耳まわりの毛流れで、女性らしさもしっかり感じられるカールスタイル。

HEARTS 肥沼未帆

下北沢スパイラルをあくまで自然体に。

カールが強いイメージのスパイラルパーマを、少し伸びたような印象に仕上げたスタイル。
芯がありながら、気を使いすぎていない独特のナチュラル感に。

HEARTS 高田昌宏

渋谷ノスタルジックに楽しむセクションカラー。

ファッションがシンプルになりがちな夏にこそ挑戦したいセクションカラー。
定番のボブに取り入れることで、まとまりすぎないラフな質感に。

Page top